手造り味噌の造り方
材料 大豆 2kg こうじ2kg  塩850g
仕込み方法

@大豆をよく洗い大豆の3倍位の水に一晩漬ける。

A水を取り替えてからゆっくり煮る。煮ている途中ふきこぼれやすいので 注意する。水が少なくなったら差し水をする。

Bはかりの上で豆を指で押しつぶし、
300gー200gでつぶれるように なったら火を止める。

C煮上がった大豆は、煮汁を切って計量する。

D大豆は温かいうちに押しつぶす。(袋に入れてビール瓶等で押しつぶすとよい)

Eこうじに塩を混ぜて、つぶした大豆(40℃位までさます)とまぜる。
 
(みそ造りのポイントは、こうじ・煮大豆・塩を均一に混ぜること)
 
種水は、一度沸騰させた湯冷ましを使用する。煮汁は、雑菌が入りやすいので 使用しない。この場合200t位が適当。

Fよく洗い乾かした容器(瓶・琺瑯・木樽等が適当、ポリ樽は出来れば避けた方が よい)に隙間の無いように詰める。

G表面を密封し落蓋をし重石を載せる。この分量では2−3Kg位の重石をする。

H風通しのよいところに置く、直射日光には当てない。

I冬仕込んだ場合、梅雨入り前の天気の良い日を選んで、天地返しをする。

J関東地方の場合冬に仕込んで、秋の彼岸頃に食べ始められます。

塩の分量の求め方 
 
(塩分12lの場合)
塩の分量=12×(煮大豆+こうじ+種水)÷88




ご質問は、こちらへどうぞE_MAIL:miso@kanemo.net
へ戻る